松尾スズキさんが作・演出を手がけ、1991年に悪人会議プロデュースとして上演された『ふくすけ』。薬剤被害によって障がいを持った少年“フクスケ”をめぐり、様々な境遇の登場人物たちが、底なき悪意と情愛に突き動かされながら、必死にもがき生きる姿を毒々しくも力強く描いた壮大な人間ドラマです。そんな『ふくすけ』が12年ぶり4度目の上演として台本をリニューアルし、2024年7月、東京・THEATER MILANO-ZaにてCOCOON PRODUCTION 2024『ふくすけ2024-歌舞伎町黙示録-』が上演されます。

ここまで毒毒しい芝居は最近見ないと思います

松尾スズキさんが「20代の終わり、初めてギャグ中心ではなく、ストーリーとキャラクターを煮詰めて考えた作品」だという『ふくすけ』。1991年に悪人会議プロデュースとして初演、98年には松尾が悲劇をテーマに作品を創り上げる「日本総合悲劇協会」公演で再演、そして2012年にBunkamuraシアターコクーンで再々演されてきました。ゆるいヒューマニズムを揶揄し、“悪”もまた人の姿であることを圧倒的な筆力で描き出した傑作戯曲となっています。

12年ぶり4度目の上演となるCOCOON PRODUCTION 2024『ふくすけ2024-歌舞伎町黙示録-』では、サブタイトルを“歌舞伎町黙示録”と題し、台本をリニューアル。フクスケが入院する病院の警備員コオロギと、盲目のその妻サカエの夫婦を軸に、物語は展開します。松尾さんは「新しくできた劇場の場所が歌舞伎町であると聞き、迷いなく歌舞伎町が舞台のこの芝居の再演を思いつきました。今回、新たな設定として、やはり自分が演じていたコオロギという役に思い入れがあって、コオロギが主役の話も見てみたいなと。 ここまで毒毒しい芝居は最近見ないと思います。歌舞伎町の毒と芝居の毒、それが相乗効果となって逆に美しい、みたいな芝居を目指します」とコメントしています。

<あらすじ>
とある病院の怪しい警備員コオロギは盲目の妻サカエに歪んだ愛情を抱き、サカエはコオロギを献身的に愛していた。そんなある日、コオロギの勤める病院に、薬剤被害で身体障がい児として生まれ、長い間監禁されていたフクスケが保護される。彼を監禁していた大富豪のミスミミツヒコは逃走し行方不明。

冴えない中年男エスダヒデイチと、精神のバランスを崩し告訴魔となってしまった妻マス。ある日行方不明になったマスを、ヒデイチは14年も探し続けている。ヒデイチの協力者であるホテトル嬢のフタバの伝手で自称ルポライターのタムラタモツから、マスは歌舞伎町にいるらしい、と情報を得たヒデイチは上京を決意する。

テロリストであるコズマ三姉妹は、食うや食わずの境遇から歌舞伎町の風俗産業で一発当てて、飛ぶ鳥を落とす勢い。ひょんなきっかけでマスと出会い、生み出した<一度死んで生まれなおすゲーム>輪廻転生プレイが大ヒット。裏社会に影響力を持ち、政界にまで進出しようと企んでいる。

彼らの渦巻く情念は、やがて多くの人々と歌舞伎町自体を巻き込み、とんでもない方向に動き出す・・・

阿部サダヲ、『ふくすけ』に3度目の出演

出演は、『ふくすけ』には3度目の出演となる阿部サダヲさん。松尾の舞台作品に初参加となる黒木 華さん、岸井ゆきのさん、松本穂香さん、内田 慈さん。大人計画からは、阿部さんに加え、荒川良々さん、皆川猿時さん、伊勢志摩さん、猫背 椿さん、宍戸美和公さん。さらに町田水城さん、河井克夫さん、菅原永二さん、オクイシュージさんと、松尾作品の神髄を知り尽くした面々が顔をそろえます。さらに、松尾作品のミューズとして世界観を体現する秋山菜津子さん、そして自身の作・演出作品には久々の登場となる松尾スズキさんも出演します。

これまで配役も大きな話題となってきた本作ですが、今回の気になる配役は、春先頃にビジュアルと共に発表予定とのこと。COCOON PRODUCTION 2024『ふくすけ2024-歌舞伎町黙示録-』は、7月9日(火)から8月4日(日)まで東京・THEATER MILANO-Za、8月9日(金)から15日(木)まで京都・ロームシアター京都メインホール、8月23日(金)から26日(月)まで福岡・キャナルシティ劇場にて上演が行われます。